知っておけば役立つ!?トイレのつまりトラブルにおける豆知識を分かりやすくご紹介

知っておけば役立つ!?トイレのつまりトラブルにおける豆知識を分かりやすくご紹介します。
詰まりが発生した際、業者を呼んで対応するか、自身で解消するか悩むことがあると思います。
外注すると思いのほか高額な費用が発生してしまうこともあります。
そこで、100円均一で販売されている便利なグッズで解消する方法を紹介します。
このグッズは、概ねどこの100円均一でも販売されており、開店時間内に行けばだいたい手に入ります。

知っておけば役立つ!?トイレのつまりトラブルにおける豆知識を分かりやすくご紹介

知っておけば役立つ!?トイレのつまりトラブルにおける豆知識を分かりやすくご紹介します。
どこの家庭にも設置されていて、生活に欠かせないトイレですが数年暮らしていると、誰しも一度は詰まりのトラブルに見舞われることがあります。
そんな時に役立つのは、100円均一で販売しているスッポン(ラバーカップ)です。
代替のつまりは業者を呼ばずとも自分で処理することが可能です。
スッポンは糞尿に触れてしまうので、100円均一で安いものを購入して使い捨てするとよいでしょう。

トイレつまりが一番多い原因はトイレットペーパーの大量使用

トイレつまりの原因で圧倒的に多い内容は、トイレットペーパーを大量に一気に流してしまう行動です。
洗浄機能付きの便座が普及していることで、水を流す前にはペーパーで便座の水滴を拭き取る行動で余計に増えてしまう問題があります。
次に新しい便器の全てで各メーカーが少ない水の量で流せるようにしている節水型が普及をしていることも、つまりの原因になる要素が出てしまいます。
このことを理解しながら使うことが大前提にあり、途中で分けて水で流すことを徹底したりと工夫をすることでトラブルは避けることは可能な範囲です。
トイレットペーパーは一応は水に溶けるものなので、大量に流したことで排水ができない場合では、お湯を沸かして便器内に流してみると溶けるスピードが速くなり、トラブルを直すことは可能です。
早く流そうとして給水タンクのレバーを使ってしまうと、トイレ内に汚水が溢れるリスクがあるので、時間が掛かったとしてもお湯で対処する方法や、ワイヤーブラシで対処する方法がベストではないでしょうか。

冬場に起こりやすいカイロによるトイレつまり

寒い季節にカイロを持ち歩く人は多くいますが、持っていることを忘れたままトイレに入り、つまりを起こす事例は多いです。
貼るタイプであれば落下しないと思いがちですが、低温火傷を防ぐために貼る場所を変えれば、シール部分の粘着力が弱くなりトイレに落とす可能性があります。
また、ボトムのポケットなどへ入れていた場合も、気付かない内に便器の中へ落としたり、水を流して立ち上がった瞬間に落ちたりするケースは少なくありません。
小さなタイプなら流れていくと考えがちですが、カイロを作っている材料は水に溶けないものばかりです。
鉄粉や活性炭のほか、マスクなどにも使われる不織布などの原材料は、水に強く簡単には壊れたり破れたりしません。
このため、水中に落下しても変形しにくく、水を通さないため、便器に流してしまうと排水管の中でつまりを引き起こしやすくなります。
硬くはないからと無理やり流し続け、下水管の深いところでつまってしまうと、自分では取り除けないケースもあるでしょう。

ティッシュペーパーはトイレつまりの原因!?トイレットペーパーとの違いを知ろう!

ティッシュペーパーとトイレットペーパーは一見よく似ているようで、違いが数多くあります。
その一つは水によく溶けるかです。
溶けにくいのがティッシュペーパーで、トイレに流してしまうと、つまりの原因となるのです。
なぜティッシュが水に溶けにくいのかというと、理由は素材にあります。
両方とも原料にはセルロースが主成分である、再生紙やパルプなどが使用されていますが、それに加えてティッシュは繊維の密度が濃く、繊維と繊維を強く結合させて濡れても破れにくくする湿潤紙力増強剤の材料を使用しています。
更に原料のパルプの中でも長い繊維の素材が使われているので、破れないように作られているのです。
いっぽうトイレットペーパーは水に流しても良いように工夫されていて、繊維が短めで密度が薄く、水に溶けやすい澱粉が含まれています。
これらの違いから、ティッシュペーパーは水に溶けにくく、排水路に引っかかり、つまりの原因となってしまうのです。

タンク内に沈めた瓶類はトイレつまりを引き起こす要因の一つ

トイレつまりを起こしてしまう要因の一つに、タンクの中にビール瓶や水を入れたペットボトルなどを沈めているということが挙げられます。
何故このような行動をするのかと言うと、節水を目的にして行っているという人が多いです。
トイレのレバーを引いた時に流れる水の量を減らすために、タンク内に瓶やペットボトルを入れて溜まる水の量を減らしているというわけです。
しかし、この方法で流す水の量を減らしていると、排せつ物やペーパーを流す時に水の勢いが足りなくて、それらが十分に流れないことがあります。
その結果、排せつ物などがトイレの奥の排水管などで留まってしまい、つまってしまうというトラブルにつながることもあるので要注意です。
水を節約して水道代を少なくしたいという考えで瓶類を沈めている場合、それが関係してトイレつまりが起これば高額な修理費用を払う羽目になることもあるというリスクのことも知っておくと、役に立つのではないでしょうか。